CLion— C / C++ デベロッパ向けの新しいIDE

待望のC/C++ IDEをCLionとして公開致します!

CLion_EAP_splashJetBrainsはソフトウェア開発を生産的で楽しいものにするため常に注力しています。Javaのシンプルなリファクタリングツールに始まり、Java、.NET、Python、Ruby/Ruby on Rails、PHP、JavaScript、HTML、Objective-Cなど様々な言語、プラットフォームに対応してきました。 JetBrainsのスマートなツール群はコードの品質を高めたり、効率良くリファクタリングしたりコーディング出来ることで広く知られています。

CとC++はプログラミング言語の中でも特に歴史が長く、原始スープ(primordial soup)の中でも根強く生き残っているの言語として認識されています。そこでJetBrainsは信念に基づき、C/C++デベロッパの作業をより効率的なものとするため専用のIDEをリリースすることになりました。

是非EAPのページへ訪れて、CLionをお試しください。Quick Start Guideをご覧いただければすぐに慣れ親しんで頂けるかと存じます。

日々楽しんでいただけるツールとなるよう、皆様のフィードバックを心よりお待ちしております。アーリーアクセスプログラムを提供しているのはそのためです。ただしアーリーアクセスのビルドはベータレベルにも達していないことをご承知おきください。バージョン1.0をリリースするまでにすべきことはまだまだ沢山あります。

このビルドで提供している主な機能は以下の通りです。:

CMake

CLionはプロジェクトモデルにCMakeを採用しています。プロジェクトの情報(ソースファイル、コンパイラ設定、targetの説明など)はCMakeに記載し、変更内容は自動的にプロジェクトに反映されます。

CMakeベースのプロジェクトがあれば、IDEでメインのCMakeLists.txtファイルを開いてください。無い場合はシンプルなウィザードに従って必要な情報を入力していけばCMakeLists.txtを初期化することができます。CMakeLists.txtに変更を加えるとCLionは自動的に読み込まれます(手動でReload CMake Projectを呼び出すこともできます)。もちろんプロジェクトをビルドする際、IDEは自動的にCMakeを起動します。

CMakeCache変数とCMakeエラーはIDEのCMakeツールウインドウ内で扱えます:

cmake_cache_b

コンパイラとデバッガ

CLionはGCCとClangコンパイラに対応しています。デバッグについては現在GDB 7.6をサポートしています。デバッグ機能はデベロッパが期待する機能を一通りサポートします。つまりプログラムのステップバイステップ実行、ブレークポイントの設定、式の評価、ウォッチの追加、実行時の変数の設定といったことができます。

debugger_b

クロスプラットフォームコンパチビリティ

CLionはクロスプラットフォームIDEなのでOS X、Linux、Windowsで使えます。WindowsではMinGWCygwinを使えます。クイックスタートガイドにて各プラットフォームで対応するツールを確認することが出来ます。

注: C++開発にVisual Studio(そしてVisual C++コンパイラ)をお使いの方はReSharper for C++をお試しください。

サポートする言語スタンダード

CLionは様々なスタンダードをサポートします:

  • C (C99 バージョン)
  • C++ (C++03、C++11、ラムダ関数、rawストリングリテラル、variadic templates、decltype、autoなどなど)
  • HTML (HTML5)、CSS、JavaScript、XML
  • プラグインにより他の言語も一部サポート(Luaなど)

インテリジェントなIDE

CLionは特に生産性と、コードのクオリティを高めるためにデザインされています。

スマートなエディタが提供するコード補完、ハイライトにより多くの時間を節約できます。スマートなコード補完は表記している型に一致する型の一覧、メソッド、変数で絞り込んでくれます。

効率的なプロジェクトナビゲーションによりコードの必要な箇所を素早く見つけ、ジャンプすることができます:

  • プロジェクト全体からの使用箇所の確認:find_usages_b
  • ファイル構造ナビゲーション
  • クラス・ファイル・シンボルへのジャンプ
  • 宣言・定義・親定義・子定義へのジャンプ:
    go_to_subclass_b
  • タイムラインからのジャンプ(最近のファイル、最近の変更、最後に編集した箇所、等)
  • どこでも検索をはじめとする強力な検索機能

CLionはクリーンで正確な状態に保てるようコードを常に確認します。エラーや問題となり得る箇所も検出し、修正候補を提案します:

inspection_b

CLionはさらに様々なコードリファクタリング機能により、関連コードをまとめて自動的に修正します:

  • リネーム (CMakeLists.txtの参照箇所にも適用可能):rename_b
  • メソッド、変数、typedef、define等の抽出
  • シグニチャの変更:
    change_signature_b
  • 安全なデリート
  • インライン化

コード生成機能を使えばコードを書くのはもっともっと楽になります:

  • コンストラクタ/デストラクタの生成
  • getter/setterの生成
  • Override/implementの生成
  • Live template
  • if-else、while、#ifdefなどで囲む:
    surround_with_1_b

CLionの動作の様子:


興味を持って頂けましたか?お試しください!

次のステップは?

バージョン1.0を2ヶ月以内にリリースする予定です。バージョン1.0までに現在実装済みの機能に加えてLLDBやGoogle Testのサポートも加えられればと考えています。特に欲しい機能があればYouTrackへ登録していただくか、既にあるissueへvoteをお願いいたします。バージョン1.0リリース後、将来のリリースへのロードマップへ可能な限り含められればと思います。

より詳しくはWebサイトをご覧ください。質問などあれば是非掲示板Twitter、そしてブログをご確認ください。問題があればお気軽にサポートチーム(clion-support at jetbrains.com)か、YouTrackへご報告ください。

Develop with pleasure!

The CLion チーム

原文

This entry was posted in CLion, お知らせ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *