PhpStorm 2016.1リリース!

プロフェッショナルPHP IDEの最新メジャーリリースであるPhpStorm 2016.1をリリースしました。こちらよりダウンロードしていただけます!

2016.1はバージョン番号の通り2016年最初のリリースとなります。数々の新機能に加えてバグフィクス、ユーザビリティの改善が施されています。このリリースでは待望のPHP言語サポートや開発ツールの改善に焦点を当てています。

新しい機能や改善について詳しくはPhpStorm website(後日翻訳予定)をご覧ください。

PhpStorm2016_1_splash

 

PhpStorm 2016.1の特筆すべき新機能は以下の通りです:

PHP言語サポートの改善: 型推論、補完、traitのサポートなど待望の改善が施されています。またgroup useステートメントのフルサポートや“Make Static”リファクタリング、“Convert switch to if”(switchをifに変換)、“Convert if to switch”(ifをswitchに変換)、“Flip if/else branches”(if/else文の反転)といったインテンションを追加しました。

新しいデバッグエクスペリエンス: Zero-Configurationデバッグモードが新しいユーザーに見つけやすくなるようにしました。またRESTful Webサービスのデバッグを“XDebug for REST Client”機能より行えます。.

フレームワークとツール: PhpStormはSFTP/FTP/FTPSサーバーとリモートインタプリタのキープアライブが出来るようになりました。6年間待ち望まれていた機能です!プロジェクトレベルのインタプリタ、PHPUnit/Behatで失敗したテストの再実行、リモートインタプリタのユーザビリティ改善もあります。

詳しくはYouTrackでPHP関連の修正一覧や、リリースノートをご確認ください。

またいつも通り、このアップデートでは最新web技術サポートの改善も施されています:

  • Angular 2サポートの改善
  • TypeScriptサポートの強化
  • JavaScriptデバッガの新機能

PhpStorm 2016.1はIntelliJプラットフォーム由来の最新機能も備えています:

  • RTL言語サポート
  • スピードサーチ(”Show Usages”と“Terminal”内)
  • JSON schema
  • Docker Machineサポート
  • Version Controlとデータベースツールの改善

詳しくはWhat’s New in PhpStorm 2016.1(後日翻訳予定)をご確認いただき、また是非ダウンロードしてお試しください。30日間の試用もして頂けます。

PhpStorm 2016.1へは有効なサブスクリプションをお持ちの方全員が追加費用無しにアップデートして頂けます。

The JetBrains Team
The Drive to Develop

[原文]

This entry was posted in PhpStorm. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *