IntelliJ IDEA 2017.3 EAP でローカル変数の型推論をサポート

IntelliJ IDEA 2017.3 EAP でローカル変数の型推論をサポートしました。

待望のJava 9が数週間前にリリースされましたが、我々は既にJava 10がもたらすものを楽しみにしています。といっても次のバージョンはJava 10とは呼ばれないことになるかもしれません。オラクルは6ヶ月毎に新しいJavaをリリースする方向性を打ち出しており、次のバージョンは2018年3月に手に入り、Java 18.3と呼ばれる可能性があります。

バージョンがどうなるにせよ、次のJavaではJEP 286によるローカル変数の型推論が導入される見込みです。ローカル変数の宣言をシンプルにしようというものです。

IntelliJ IDEA 2017.3ではこれをサポートします。既にある変数宣言で文脈より型推論が可能な箇所ではvarと置き換えることを提案します。

現在のところ明示的な型宣言でvarを置き換えられる箇所も検出します。

この新しい機能により未来のJavaリリースを垣間見ることができます。是非お試しください。これは実験的な機能で、皆様のフィードバックを心よりお待ちしております。ただ、JEP 286はまだリリースされておらず、今後変更となる可能性があることに注意してください。その場合はIDEも変更を追随します。是非Twitterへ、YouTrackへコメントを寄せてください。

Happy developing!

 

[原文]

This entry was posted in IntelliJ IDEA. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *