開発者エコシステム2018:プログラミングの世界を牽引しているのは ?

ご存知ですか、2018年には…?

– 上位3つの主要なプログラミング言語はJava、JavaScript、Pythonです。

– Kotlinデベロッパーのうち5人に1人は、従業員5000人以上の会社で働いています。

– プログラマーは自己ホスト型 / オンプレミスソリューションから離れ、主要なクラウドプロバイダーを採用し始めています。

– 2017年と比べて、デベロッパーの平均睡眠時間が長くなっています。

私たちJetBrainsは、開発者エコシステムの年間調査を実施後、デベロッパーやテクノロジーに関するこのような事実やその他の重要な事実をたくさん明らかにしました。

2018年のコードの世界を牽引するものを特定し、傾向を2017と比較するために、当社は17か国の6,000人以上のデベロッパーの意見を収集し、分析しました。

昨年と同じように、当社は2018年の最も興味深い発見と分析データを皆様と共有いたします。 また、昨年と同じ調査方法を適用し、最新の結果を開発者エコシステム2017とを比較できるようにいたしました。

開発者エコシステム2018の状態開発者エコシステム2018インフォグラフィックには、プログラミング言語(GoとKotlinの新しいセクションを含む)、開発環境、データベース、チームツール、オープンソース、クラウドテクノロジー、DevOps、私たち開発者に関する新しいおもしろ情報など、さらに多くのトピックが含まれています。

開発者エコシステム2018レポートを見る

この調査は150件以上の質問から構成されていますが、すべてがレポートに含まれているわけではありません。 完全な結果は後で、匿名化された生データの公開時にお伝えいたします。 ご期待ください!

もちろん、当社は引き続き開発動向を追跡し、2019年に再度開発者エコシステムアンケートを実施する予定です。 ご参加いただける場合は、当社のアンケートパネルにぜひご参加ください

JetBrains
The Drive to Develop

[原文Original text in English is written by Anastasia Chumak

 

About Elizaveta Semakova

Regional Marketing Manager for Japan at JetBrains
This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *