IntelliJ IDEA 2018.3:GitHubプルリクエスト、Java 12、複数行TODOコメント、Gitサブモジュールサポートなど

IntelliJ IDEA 2018.3がリリースされました! IntelliJ IDEAの今年3回目のメジャーアップデートには、注目すべき機能がたくさんございます! 詳細は、What’s newをご確認ください(サムライズム様による翻訳はこちらです)。ウェブサイトにアクセスし、IntelliJ IDEAの最新バージョンを今すぐダウンロードできます。 新機能のシンプルなサマリーはこのブログポストにございます。

KGBfLKOw

 

Java

  • IntelliJ IDEAは今後公開予定のJava 12をサポートしています。すでに、IDEで生文字列リテラル(Raw String Literals)(JEP 326)をプレビューできます。 もっと詳しく
  • IDEはより複雑なケースで重複を見つけることができるようになりました。さらに、その速度も向上しています。
  • Java Stream APIの改善:minが後続する冗長なsorted呼び出しが検出されるようになりました。
  • 新しいデータフローベースインスペクションでは、後続の条件により不要な条件が検出されるようになりました。
  • IDEは、抑制されたインスペクションが、関連するメソッド本体、クラス、またはステートメント内の警告を処理しない状況を識別するようになりました。

What’s new ページの Javaセクション で詳細を確認できます。

エディタ

  • IDEは、エディタ内の最初とその後の全てのTODOコメント行をハイライトし、それらをTODOツールウィンドウで表示します。
  • 新しいインデントステータスバーには、現在のファイルのインデントのサイズが表示されます。
  • スコープを作成して、特定のファイルやフォルダでコードフォーマットを無効にすることができます。 Preferences / Settings | Editor | Code Style の ‘Formatter Control’ タブで設定できます。
  • EditorConfigファイルでシンタックスハイライトとコード補完ができるようになりました。

What’s new ページの Editor セクション で詳細を確認できます。

バージョン管理

  • GitHubプルリクエストの初期サポートにより、IDEでプルリクエストを見れるようになりました。
  • Gitサブモジュールのサポートにより、プロジェクトを更新、diffをコミット、diffを表示、または競合を解決できます。
  • VCSログでは、前または次の選択されたコミットにナビゲートできます。
  • ‘ History Up to Here’ アクションは、完全なファイル履歴を表示するようになりました。
  • ホワイトスペースの変更は、マージ中に無視できます。
  • Annotations のコンテキストメニューに、新しい Ignore Whitespaces オプションが追加されました(Gitのみ)。
  • アノテーションのラインのDiff PreviewがVCSポップアップで表示されるようになりました。
  • IntelliJ IDEAでは、Gitブランチから別のブランチにファイルをコピーするための新しいオプションが追加されました。
  • ファイルをコミットしているブランチが、コミットダイアログに表示されるようになりました。
  • IDEはGitマルチリポジトリプロジェクトを以前よりもずっと速くアップデートします。
  • IDEはデフォルトでネイティブGit SSH Executableを使用するようになりました。

What’s new ページの Version Control セクション で詳細を確認できます。

Search and Replace

  • 新しい Search Everywhere では、次のナビゲーションダイアログが統合されています:Search Everywhere、Find Action、Go to class、Go to file、Go to symbol。
  • Find in Path ダイアログで複数行のフラグメントを検索できるようになりました。
  • 新しい更新された Structural Search & Replace ダイアログでは、検索フィールドのオートコンプリート、より柔軟なスコープ設定など、多くの機能が強化されています。

What’s new ページの Search and Replace セクション で詳細を確認できます。

再構築されたプラグイン設定ページ

  • プラグインの管理、インストール、アンインストール、アップデートをより簡単にできるように、Preferences (Settings)(環境設定(設定))の Plugins ページを再設計しました。 もっと詳しく

Run Anything

  • Runコンフィギュレーション、ターミナルコマンド、Gradleタスク、または他のコマンドを簡単に実行するには、新しい Run Anything アクション(ダブルCtrlキー)を使用できます。 もっと詳しく

Kotlin
バンドルのKotlinプラグインがv1.3へアップグレード。

  • IDEはプロジェクトを新しいバージョンのKotlinにアップグレードを手助けします。
  • IDEはマルチプラットフォームプロジェクト用の一連のプロジェクトサンプルを提供します。
  • 新しいKotlinインスペクションとクイックフィックスが追加されました。

What’s new ページの Kotlin セクション で詳細を確認できます。

Spring & Spring Boot

  • IDEは、最近リリースされた Spring Boot 2.1 をサポートしています。
  • プロジェクトの作成時に、IDEは適切なプラグインのインストールまたは有効化を提案し、選択されたすべてのテクノロジーがサポートされていることを確認します。
  • KotlinのJPAとSpringデータのサポートが改善されました。

What’s new ページの Spring & Spring Boot セクション で詳細を確認できます。

アクセシビリティ

  • IntelliJ IDEAをよりアクセシブルにするために、新しいハイコントラストテーマを導入しました。
  • スクリーンリーダーは、ライン番号、VCS注釈、デバッガ、およびその他のガターアイコンを読見上げることができるようになりました。
  • HTML用のアクセシビリティインスペクションが利用できます。

What’s new ページの Accessibility セクション で詳細を確認できます。

JVMデバッガ

  • サービサビリティ・エージェント(SA)を使用してデバッグ・エージェントなしで開始されたJavaプロセスにアタッチすることが可能です。
  • IDEは、リモートデバッグプロセスが切断された後も、自動的にリモート接続を継続して待機することができます。
  • 好みのカスタムショートカットを設定して、ファイルまたはプロジェクト内からすべてのブレークポイントを削除することができます。
  • IDEはリモートJVMのasyncスタックトレースをサポートしています。

What’s new ページの JVM Debugger セクション で詳細を確認できます。

Maven

  • すべてのビルドと実行アクションをMavenに委譲できます。 もっと詳しく

ターミナル

Run Configuration

  • Java run configurationsでマクロのサポートを利用できます。
  • テキストファイルを入力に使うことができます。
  • Run configurationはデフォルトでシングルインスタンスとして実行されます。

What’s new ページの Run Configuration セクション で詳細を確認できます。

JavaScript & TypeScript

  • JavaScriptの自動インポートは、ESモジュールとして記述された、または型定義ファイルがあるプロジェクトの依存関係のシンボルでも機能するようになりました。
  • 強化されたAngularサポート:pipe、async pipe、およびテンプレート参照変数のより正確なコード補完とGo to definition
  • Node.jsワーカースレッドをデバッグできるようになりました。
  • ESLintとTSLintがよりフレキシブルになりました。

WebStorm What’s new ページで詳細を確認できます。

Kubernetesプラグイン

  • Kubernetesプラグインには、コーディングアシスタンス、Helmテンプレート結果のプレビュー、新しい ‘Helm Update Dependencies’ アクションなどを含むHelmサポートが追加されました。

What’s new ページの Kubernetes セクション で詳細を確認できます。

データベースツール

  • Cassandra データベースがサポートされるようになりました。
  • SQLコードの補完が改善されました。
  • Introduce table alias アクションが改善されました。
  • タイムアウト後に自動的に再接続するようになりました。

What’s new ページの Database Tools セクション で詳細を確認できます。

サーバー / クラウド

  • ライブラリとしてアーティファクトのインストールとWebLogicデプロイメント・プランのサポート。
  • Jetty 9.4.xサポート。
  • OpenShift Origin(V3)とトークン認証のサポート。

Docker

  • DockerプラグインがIDEにバンドルされました。

実験的な機能

  • JVMプロファイラ(macOSとLinux)。 もっと詳しく
  • Linuxのグローバルメニューバー。
  • アクティビティモニタ。

その他

  • GTK(Linux)とWindowsネイティブテーマは削除されました。
  • ウェルカム画面でファイルとプロジェクトをドラッグ&ドロップできます。

改善の完全なリストについてはリリースノートをご覧ください。ぜひ引き続き、ディスカッションフォーラムIssue Tracker、または Twitter (英) / Twitter (日) で、ご意見やご提案をお聞かせください! よろしくお願いいたします!

IntelliJ IDEA 2018.3を今すぐダウンロードしてください!

Happy Developing!

[原文Original text in English is written by Zlata Kalyuzhnaya

About Elizaveta Semakova

Regional Marketing Manager for Japan at JetBrains
This entry was posted in IntelliJ IDEA, お知らせ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *