PyCharm 2018.3リリース

PyCharm 2018.3 がリリースされました: Linux用のWindows Subsystem (WSL)、複数行TODOコメント、Search Everywhereの改善など

PyCharm 2018.3をダウンロード

PyCharmの新機能

  • WindowsでLinux上で動作するアプリケーションを開発しているユーザーはWindows Subsystem for Linux(Wsl)を使ってPyCharmからコードを実行できるようになりました。 PyCharm 2018.3は、WSL内でPythonインタプリタを使うように設定できるようになりました。
  • Issue Trackerで最もリクエストされた機能の1つは、複数行のTODOコメントでした。PyCharm 2018.3で書けるようになりました!
  • Search Everywhere(どこでも検索)は新機能ではありませんが、使いやすくなりました。結果をどのようにフィルターできるのかが分かりやすくなりました。

詳しくは What’s New でお読みください(サムライズム様による翻訳はこちらです)。 リリースノートも確認できます。

今すぐアップグレード

PyCharmの新バージョンを使うには、次のいずれかの方法でアップグレードしてください。

ご質問、ご不満、またはご提案等はございますか? お気軽にご連絡ください! Twitter (英) / Twitter (日)YouTrackで、皆さんのご意見をお待ちしております。

[原文Original text in English is written by Ernst Haagsman

About Elizaveta Semakova

Regional Marketing Manager for Japan at JetBrains
This entry was posted in PyCharm, お知らせ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *