Kotlin logo

The Kotlin Blog

Kotlin Programming Language by JetBrains

Releases

Kotlin プラグイン 2021.1 リリース:IDE のパフォーマンスとリファクタリングのサポートを改善

IntelliJ IDEA の最新リリースであるバージョン 2021.1 では、Kotlin プラグインが改善されています。 高速なコード補完とハイライト機能による開発エクスペリエンスの向上、IDE によるシグネチャー変更のサポート強化、プロパティを評価するためのデバッグエクスペリエンスの改善などを行っています。

この新しいプラグインをインストールするメリットは以下のとおりです。

この新リリースへの自動アップデート

IntelliJ IDEA は、新リリースが公開された時点で自動的にアップデートするためのオプションを提供します。

IntelliJ IDEA を初めてお使いになる場合は、最新の Kotlin プラグインがバンドルされた最新バージョンをダウンロードしてください。

コード補完とハイライトの速度改善

IDE によるコードのハイライトや補完候補の処理をに時間がかかる場合、快適なコーディングを楽しめないことがあります。 JetBrains はコードのハイライト表示とコード補完をシームレスに機能させたいと考えています。

新しい Kotlin プラグインでは、Kotlin コードのハイライト表示と補完処理のパフォーマンスが大幅に改善しています。

弊社のテスト結果によると、ハイライトの処理速度は 25%、コード補完の処理速度は 50% 超改善されています。これは、Java の場合とほぼ同等のパフォーマンスとなります。

注意:これらの数値はあくまでも弊社のテスト結果です。 お客様の実際のプロジェクトでは、弊社のテスト結果ほど大幅には改善しない可能性があります。ただし、その場合でもパフォーマンスが向上していることを実感できるはずです。

新しいプラグインでの Kotlin コードのハイライト表示

以下は、Kotlin コードのハイライト表示速度を Kotlin プラグインの旧バージョン(2020.3)と新バージョン(2021.1)で比較したデータです。 この結果は、複雑な Kotlin ファイルでのコードハイライト動作をチェックする社内ベンチマークテストに基づいたものです。

Kotlin コードのハイライト速度改善

新しいプラグインでの Kotlin コード補完

以下は、Kotlin コードの補完処理パフォーマンスをバージョン 2020.3 とバージョン 2021.1 で比較したデータです。 この結果は、複雑な Kotlin ファイルでのコード補完動作をチェックする社内ベンチマークテストに基づいたものです。

Kotlin コードの補完速度改善

IDE によるシグネチャー変更のサポート強化

旧バージョンの Kotlin プラグインで Change Signature リファクタリングを使用したことのある方は、問題や制限事項に悩まされたことがあるかもしれません。また、警告が表示されずに具体的な問題の内容や原因を把握できない場合があったかもしれません。

新しい Kotlin プラグインにアップデートすると、Change Signature リファクタリングに対して実装された 40 件以上のバグ修正や改善によるメリットを享受できます。

特に重要な改善点をいくつかご紹介します。

Variables ビューを使用したカスタム getter の評価

弊社の社内調査結果から、開発エクスペリエンスを向上させるには Kotlin のデバッグエクスペリエンスを大幅に改善する必要があることが分かっています。この取り組みを実施するため、すでに多くの計画が立てられています。

このリリースでは、Variables ビューでプロパティを評価するための小規模ながらも重要な改善を行っています。

従来、デバッグセッションではカスタム getter を持たないプロパティとバッキングフィールドを持つフィールドのみが表示されていました。 カスタム getter を持つプロパティは JVM で通常のメソッドとして表現されていたため、表示されていませんでした。 バージョン 2021.1 の Kotlin プラグインでは、このようなプロパティをすべて表示できます。また、必要に応じてプロパティ名の近くにある get() をクリックして評価することもできます。

例えば、次のコードをデバッグする際には get() メソッドを実行して versionString の値を表示できます。

Debug ウィンドウでは、プロパティの値が表示されます。

Debugging in Variables view

この機能をお試しいただき、ご意見がある場合、こちらのチケットかこの記事のコメント欄でお知らせください。

型引数のコード補完

新しい Kotlin プラグインは、型引数のコード補完に対応しています。 従来はこのコードを IDE の支援機能に頼らず、手動で書く必要がありました。

今後はジェネリック関数の後で関数やプロパティのコード補完候補が表示され、必要な箇所で型引数が補完されます。 このような関数をリストから選択すると、IDE が先行するコードに適切な型引数を追加します。

以下の例では、IDE が自動的に <String>() 型を追加します。

型引数のコード補完

IDE によって提案された補完候補を適用すると、以下のコードが完成します。

クラスダイアグラムによる Kotlin コードの構造レビュー

新リリースは、UML クラスダイアグラムによる Kotlin コードの構造レビューに対応しています。 ダイアグラムを作成するには、Project ViewDiagrams | Show Diagram… | Kotlin Classes を選択してください。

Kotlin コードの UML クラスダイアグラム

その他の IDE の改善

Kotlin プラグインと IntelliJ Platform が同じコードベースに移動されて同時にリリースされるようになったため、次の機能によって Kotlin の開発エクスペリエンスを向上させることもできます。

以下もご確認ください

Discover more