IntelliJ IDEA 15 EAPでReactJS、Gradle/SBTサポートを強化

秋にはメジャーバージョンをリリースできるよう、今後も毎週継続してIntelliJ IDEA 15 EAPの新機能をご紹介して参ります。EAP版リリース時にも様々な機能を紹介いたしましたが、今日は最新プレビュービルド のホットな情報を届けします。

Gradle/SBT

Gradle/SBTプロジェクトをインポートするとき、プロジェクト全体ではなく、モジュールを指定してインポートすることが出来るようになりました:

gradle_import_modules

依存関係について自信が無ければ、”Select Required”を押せばIDEが必要なモジュールを選択してくれます。

このダイアログはGradle/SBTツールウィンドウからも呼び出す事ができ、いつでもモジュールの追加/削除を行えます。

React

ReactでWebアプリケーションのUIを開発している方に朗報です。

コード補完、ナビ—ションがCSSクラス名に効くようになりました:

react_class_name

HTMLタグを閉じていなければIDEは警告してくれます:

react_closing_tag

Surround withアクションはJSXファイルにも適用できます:

react_surround_with

他の改善やバグ修正は以下の通りです:

また、IDEのアップデートにはデフォルトでHTTPSを使う用になりました。

最新EAPの詳しい情報はリリースノートをご覧ください.

原文

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *