IntelliJ IDEA 16 EAP リリース – 今後はより早いリリースサイクルに

そろそろクリスマスとなりますが、我々もプレゼントを準備しましたIntelliJ IDEA 16です!
今日から我々は一年に「平均」数回のリリースをおこなうサイクルに変更することにしました。これにはバグフィックスによるアップデートも含みます。
(これまでは一つのメジャーリリースとマイナーアップデートだけでした)

さて、まずはIntelliJ IDEA 16 EAPを見てみましょう。
これはあなたを少し幸せにしてくれるグッズをもたらします。

v16_splash

IntelliJ IDEA 16では エディターで右から左に書いていく言語 (アラビア語,
ヘブライ語)をサポートするようになります。

editor_rtl

IntelliJ IDEAのプロジェクトモデルはGradleのものと整合するようになります。さらにカスタムソースセットのサポートや、
個々のソースセットの依存性を解決するようになります。この改良は多くのイシューを解決します。

gradle_sourcesets

また、IntelliJ IDEAはビルドスクリプトで定義されたEARアーティファクト解決し、プロジェクト構造からそれらを自動で設定するようになります。

gradle_ear

Gradleタスクを走らせたときはビューモードをツリー表示からテキスト表示に切り替えられるようになります。

gradle_toggle

デバッグする際に、you will be provided with better name matching, スロットの値に任意の値を設定したり、値の評価をしたりできます。

debug_slots

デバッガーは現在のスレッドを他のスレッドがブロックしていることを検知し、そのスレッドの実行を促します。

debug_threads

Gitや他のVCSでマージする場合も文字ごとの比較、ハイライトにより簡単になります。

vcs_merge

タグのチェックアウトまたはリビジョンのチェックアウトはプロジェクトに登録されたすべてのリポジトリーに対して適用できます。

GuavaのコードをJava 8 のコードにマイグレーションしたい人のために、幾つかのクイックフィックスを提供しました。
それによりFluentIterable、Function、Optional、PredicateといったクラスをJava 8のものに取り替えることができます。

guava_quick_fixes

Android Studio 1.4の機能がIntelliJ IDEA 16 EAPでも利用可能になりました。 Android Studio 1.5以降の機能についても取り込む予定です。

これらの機能の詳細や他の新しい要素については、お楽しみに。また、フィードバックを我々の掲示板YouTrackで共有することを忘れずに。

なお、IntelliJ IDEA 16 EAP IntelliJ IDEAより、IntelliJプラットフォームは全てJava8へ移行いたします。

Develop with Pleasure!

原文

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *