改善されたJetBrains IDE 2020.3 向け日本語言語パックをお試しください!

Read this post in other languages:
English, 한국어, 简体中文

JetBrains IDE 向け日本語言語パック(Japanese Language Pack EAP)をお試しいただき、改善にご協力いただいているユーザーの皆様に感謝いたします!

数字で見るプラグイン

IntelliJ IDEA ローカライゼーションプラグインの初回 EAP バージョンを発表してから、ユーザーの皆様から驚異的な反響が寄せられており、プラグインのダウンロード数は簡体字中国語バージョンで 247,000 件以上、日本語バージョンで 9,900 件以上、韓国語バージョンで 3,800 件以上 となっています。 私たちはこれらのプラグインを継続的に改修しています。また、各種チャネルを通じてすでに 500 件以上の改善要望を受け付けており、皆様からのご意見が製品の改善に大いに役立っています。

課題と機会

私たちはより多くのリソースが必要であることをすぐに察知しました。 ローカライゼーションプラグインの品質保証は課題の一つとなっています。 このため、私たちはこの課題に対応できる人材を募集しています。具体的には、英語が堪能でネイティブまたはネイティブ並みの日本語の能力を持ち、IntelliJ IDEA チーム内でよりユーザーのニーズに適合したローカライズ製品の提供を支援していただける品質保証のエキスパートを探しています。 これらの採用情報にご興味がありましたら、英語で履歴書をご送付ください。

アップデート

成熟した製品を遡及的にローカライズするのは非常に困難です。これは、IntelliJ ベースの各種 IDE のように広範なテクノロジーをサポートしている製品では特に当てはまります。 IntelliJ チームには開発者、テクニカルライター、QA エンジニアが在籍しており、このプロセスに非常に膨大な労力を費やしています。 ローカライゼーションチームには社内外の翻訳者と校正者が在籍しており、皆様にローカライゼーションプラグインをお届けするために絶えず作業に取り組んでいます。

今回はローカライゼーションプラグインの新しい EAP バージョンをリリースします。 このバージョンでは、IntelliJ IDEA を含む当社の全 IDE 製品の UI のローカライズ対象を大幅に拡大しています。 これまでにご報告いただいた問題の大部分(約 400 件)が修正されています。 このプラグインの最新バージョン(203.xxx)は、IntelliJ ベースの各種 IDE 製品の 2020.3 EAP バージョンと互換性があります。

この新しいプラグインバージョンをお試しいただけますと非常に助かります!

インストール方法

日本語言語パック(Japanese Language Pack EAP)は簡単にインストールできるJ etBrains IDE 向けプラグインとなっており、手順は IntelliJ IDEA ドキュメントに記載されています。

フィードバックの送信方法

技術的な問題と翻訳に関する問題を報告するには、YouTrack をご利用ください。 課題は IDE から直接、または YouTrack から日本語バージョンのテンプレートを使用して投稿できます。 YouTrack にはローカライゼーションの課題専用のサブシステムを用意しています。 課題を投稿する前に、既知の課題のリストをお確かめください。

私たちは皆様が製品の改善に時間と労力を費やして頂いていることに対して、非常に感謝しています。 また、皆様からのご意見に真摯に耳を傾け、誰もが優れたソフトウェアを作成して自らの作品に誇りを持てるように協力したいと考えています。

JetBrains チーム一同より

Discover more

IntelliJ IDEA 2021.3 EAP 4: リモート開発、Groovy 4 のサポートなど

早期アクセスプログラム

IntelliJ IDEA 2021.3 EAP 4 がリリースされました! このビルドに追加された重要な新機能は、リモート開発のサポートです。 また、Groovy 4 対応とアクセシビリティの更新に加えて、その他の改善が施されています。 本バージョンは、当社 ウェブサイトか無料の Toolbox App からダウンロードできます。Ubuntu ユーザーの場合は snap を使用して取得できます。 それでは、アップデートの内容を見ていきましょう。 リモート開発 EAP 4 以降の IntelliJ IDEA はリモート開発のワークフローをサポートしています。 これにより、ソフトウェアエンジニアは IDE バックエンドが稼働するリモートマシンに簡単に接続し、そこにあるプロジェクトをローカルマシン上にあるかのようにシームレスに作業を行えるようになりました。 リモート開発のワークフローには以下のメリットがあります。 どのマシンでも開発作業ができる。 ソフトウェア開発者の作業がローカルマシンの能力に制限されることはありません。また、リモートマシンのリソースを必要なだけ利用できます。 柔軟に環境を構成できる。 リモート開発環境は、ローカルマシンの構成から分離できます。 これにより、バージョンの競合を避けながら複数のワークスペースを操作できます。 ソースコードがローカルマシンに保存されない。

IntelliJ ベース IDE 向けの日本語言語パックが公式にリリース

JetBrains は世界中のプログラマーがより簡単に、より生産的にソフトウェア開発ができるソリューションの提供に常に努めてきました。 長年にわたって、当社の IDE は英語版のみを提供してきました。 本日は、日本語、中国語、韓国語を話す開発者の皆様に、当社の製品をそれぞれの母国語で完全に体験いただけるようになったことを、喜んでご紹介します。 ご協力いただきありがとうございます! ローカライゼーションを考慮せず英語で作成され、成熟した IDE をローカライズすることは簡単な作業ではありませんでした。 これは、ソフトウェア開発者、QA エンジニア、テクニカルライター、地域のマーケティングおよび営業マネージャー、ローカライゼーションスペシャリスト、翻訳者、校正者など、JetBrains 社内および広大なユーザーコミュニティの素晴らしいグループによる作業の賜物です。 多くのユーザーの皆様に、ボランティアとして言語パックの様々な開発段階でテストにご協力いただき、そのお陰でここまでたどり着くことができました。 皆様には深く感謝しています。皆様に時間と努力をご提供いただけたからこそ、こうして成功することができたのです! 完全ローカライズ版 IDE とは? IntelliJ IDEA、AppCode、CLion、DataGrip、GoLand、PyCharm、PhpStorm、RubyMine