Features News

2018 年以前の YouTrack ワークフローをご利用の方へ注意喚起

Read this post in other languages:
English, Français, 한국어, Deutsch, Português do Brasil, Русский, Español, 简体中文

2018 年以前に YouTrack に参加されたチームは、システム管理者とプロジェクト管理者にこの記事の内容をお知らせください。

依然として YouTrack のレガシーワークフローをご利用のお客様が一部いらっしゃるようですが、2020 年 11 月にレガシーワークフローの使用廃止が予定されています。 これによる影響がないか、また影響が予想される場合は措置をお取りいただきますようお勧めいたします。 詳細については、この投稿を読み進めてください。

レガシーワークフローとは

レガシーワークフローとは、YouTrack 2018.3 以前の外部アプリケーションであった Workflow Editor で記述されたワークフローを指します。

レガシーワークフローは、2019年に正式にサポート中止が告知されており、 11 月にリリースを予定している YouTrack 2020.5 では、それをサポートするロジックが完全に取り除かれる予定です。 そのため、YouTrack でプロジェクトに接続されているすべてのレガシーワークフローは動作しなくなります。

レガシーワークフローを使用してビジネスプロセスをサポートしているプロジェクトがございましたら、お早めに JavaScript への移行をご検討ください。 ワークフローの確認方法に関する詳細な指示については、こちらのブログ記事をお読みください。

2020 年 11 月の予定

YouTrack Standalone については、バージョン 2020.5 より、YouTrack によってプロジェクトにレガシーワークフローが使用されているかどうかがチェックされるようになります。 新バージョンの YouTrack へのアップグレードは、レガシーワークフローが無効化された後にのみ可能となります。

YouTack InCloud については、バージョン 2020.5 より、レガシーワークフローが動作しなくなります。 YouTrack 2020.5 が公開されてしまうと、以降、YouTack InCloud サーバーのアップグレードを遅らせることはできなくなりますのでご了承ください。 このため、必要な場合に余裕をもって移行できるよう、前もってワークフローをご確認いただきますよう強くお勧めしている次第です。

この機会に YouTrack ワークフローをご確認の上、お早めにレガシーワークフローを更新いただきますようお願いいたします。

ワークフローを JavaScript に移行する際のご質問やサポートについては、サポートチームにご連絡いただくか、Slack の YouTrack Community にご参加ください。 いつでも喜んでお手伝いさせていただきます!

YouTrack チーム一同より

Discover more