News Releases

YouTrack に通知センターが実装されました

Read this post in other languages:

今年初のリリースとなる YouTrack 2021.1 には、複数の素晴らしい新機能が搭載されています。 新たに搭載された通知センターは、YouTrack での作業に対するすべての重要な最新情報を把握できるようにします。 また、YouTrack Lite に新しいタイムトラッキング機能を追加しました。 その他、カスタムフィールドのリンク、ユーザープロファイルのカスタム属性、サブタスクの検索もサポートしました。 それでは詳しく見ていきましょう!

通知センターで最新情報を把握可能に

これまではメールや Jabber、Slack などのサードパーティアプリケーションでしか YouTrack の通知を表示できませんでした。 このリリースでは YouTrack に通知センターを導入しました。購読設定に従い、新たな変更、コメント、メンション、リアクションに関するすべての通知を把握できるようになりました。 赤いマーカーは、新着通知や未読通知があることを示しています。

ベルアイコンの下には 3 つのタブがあります。 そのうちの 1 つには、自分がメンションされた場所でのリアクションやコメントが表示されます。 Subscriptions(購読)タブには、購読中している保存した検索条件に一致する最新情報のみが表示されます。 3 つ目のタブである「All」(すべて)には、両方の種類の最新情報が表示されます。

新しいコメントの入力、またはリアクションの追加画面に通知センターから直接移動することができます。 各スレッドは既読またはミュートに設定できます。 課題のスレッドをミュートすると、その課題に対する変更は通知されなくなります。

3 点リーダーをクリックすると、すべての通知を既読にしたり、未読通知のみを表示したりできます。後者は、未確認の最新情報のみに注目する場合に役立ちます。 また、この画面でメール通知を無効にすると、それ以降は YouTrack 通知センターからのみ通知が届くようになります。

YouTrack Lite のタイムトラッキング

YouTrack 2020.6 では YouTrack Lite をリリースしました。YouTrack Lite は WYSIWYG エディターと課題のテーブルレイアウトに対応した合理的なインターフェースを新たに搭載しており、大変好評を博しました。 最も多い要望に対応するため、YouTrack Lite にタイムトラッキングの機能を追加しました。このため、経過時間を追加したり、課題の作業項目を表示したりできるようになりました。

カスタムフィールドのリンク対応

YouTrack でカスタムフィールドに含まれるリンクを処理できるようになりました。 文字列フィールドにリンクを貼り付け、ワンクリックでリンク先に移動できます。 プロジェクトマネージャーは、YouTrack の課題にさまざまなリソースを集約すると便利かもしれません。この場合、重要な情報を失う恐れはなくなります。

サブタスクの検索

課題のサブタスクだけでなく、サブタスクのサブタスクも検索できるようになりました。 ある親課題のサブツリー全体を、‘aggregate subtask of:(集計 以下のサブタスク:) ’ の構文を使用して簡単に表示できます。 これは、ある特定のエピックのユーザーストーリーとタスクを全部検索する場合に非常に役立ちます。また、ワンクリックで実行できます。

さらに、この構文は重複やカスタム集計リンクタイプなど、任意の集計リンクタイプに使用できます。

大規模組織向けにグループをネスト化

チームや会社の構造があまりフラットではない場合、新しいグループのネスト化機能が役に立つかもしれません。 チーム内のユーザーをより小さなサブグループにまとめると、社内のユーザー管理が簡単になります。 「YouTrack チーム」という名前のメイングループがあり、「YouTrack 開発者」がそのサブグループになっている場合を想定してみましょう。 この場合、新しい開発者がチームに参加する際に開発者を両方のグループに追加する必要はありません。開発者を「YouTrack 開発者」グループに追加するだけで、対応する親グループの権限がすべて自動的に継承されます。 また、課題、コメント、記事の表示対象を親グループに制限すると、そのすべてのサブグループも自動的に課題、記事、コメントにアクセスできるようになります。 このため、ユーザーのアクセス権限を適切に設定するために同じ操作を繰り返す必要はありません。

ユーザープロファイルのカスタム属性

ユーザープロファイルに通常の資格情報、氏名、メールアドレスと共に追加の情報を格納できるようになりました。 新バージョンでは、ユーザーの電話番号や役職などのカスタム属性をユーザープロファイルに追加できます。 また、これらの属性はワークフローからアクセス可能であるため、ユーザーの役職、電話番号、およびユーザープロファイルに追加したその他の情報をワークフローのロジックに使用できます。例えば、会社の CEO だけに一部のアクションを許可することができます。 しかも、カスタム属性は AD サーバーとの同期や Hub の REST API を使用したアクセスにも対応しているため、プロセスを自動化できる可能性が大幅に広がります。

カスタム属性を管理するには、[ユーザー](Users)ページを開いて [カスタム属性の管理](Manage custom attributes)をクリックしてください。 該当ページではメールアドレス、電話番号といった各種の新しいフィールドを追加したり、既存のフィールドを更新したりできます。 新しいフィールドは即座に各ユーザーのプロファイルページとユーザーリストに反映されます。

このリリースに関する技術的な詳細は、リリースノートをご覧ください。 新機能の設定に関する詳細は、最新のドキュメントを参照してください。

YouTrack InCloud をお使いの場合、インスタンスは弊社メンテナンスカレンダーに従って自動的に YouTrack 2021.1 にアップグレードされます。 有効な Standalone のサブスクリプションをお持ちの場合、今すぐ YouTrack 2021.1 をダウンロードできます。 まだラインセンスをお持ちでない方は、無料体験版を使って、購入前に新しいバージョンをお試しください。 YouTrack で利用可能なライセンスオプションに関する詳細は、購入ページをご覧ください。

フィードバックも大歓迎です!以下のコメント欄からお気軽にお知らせください。 また、ご質問がございましたら弊社サポートにお問い合わせください。いつでもお手伝いいたします!

YouTrack チーム一同より

Discover more

2023 年の YouTrack ロードマップ

新しい年が始まりましたので、最新のロードマップと今後の YouTrack の長期的な目標をお知らせしたいと思います。 ユーザーの献身的な努力のおかげで YouTrack の顧客数は世界的に急成長しており、私たちは今後もあらゆる業界で使用できるさらに強力なチーム向けツールの制作に努めてまいります。 YouTrack 製品への取り組みと願望 昨年は弊社の 2022 年ロードマップと長期計画を公開しましたが、その方針は大変好意的に受け止められました。そのため、これまでの製品への取り組みを維持することになりました。 YouTrack はソフトウェア開発および IT 部門、プロダクトおよびプロジェクト管理、マーケティング、財務、業務、およびその他多くの分野において、作業、コラボレーション、およびコミュニケーションを思いのままに実現できるチーム向けの総合ツールに成長しようとしています。 私たちは中小企業の単純なタスク管理から大企業の複雑なプロジェクトの調整まで、より幅広いユースケースに対応できる YouTrack を開発し続けることを長期的に計画しています。 また、アプリケーションとデータのホスティング環境をユーザーが自由に選択できるように努めています。 そのため、チームが必要に応じてクラウドとオンプレミス型のホスティング間を簡単に移行できるように YouTrack Cloud と Serv