Features News Releases

ライトユーザ向け新UI「YouTrack Lite」の 発表

Read this post in other languages:
English, Français, 한국어, Türkçe, Deutsch, Português do Brasil, Русский, Español, 简体中文

YouTrack 2020.6 では、課題のテーブルビュー、便利な WYSIWYG テキストエディター、および最近閲覧した課題と記事へのアクセス機能を提供する Lite インターフェースを追加しています。 複数の課題に同時に取り組む場合や Classic インターフェースに含まれる情報が多すぎると感じる場合、または VCS 統合といったソフトウェア関連機能を日常業務で使用していない場合には、ぜひ新しい Lite インターフェースをお試しください!

YouTrack Lite について

YouTrack Classic の代替である YouTrack Lite では、課題の作成、参照、および更新を合理化したインターフェースを提供しています。 気を散らす要素を取り除き、作業中のタスクに集中しやすいように設計されたインターフェースです。 新しいユーザーの迅速なオンボーディングや、タイムトラッキングや VCS の変更といった YouTrack Classic の全機能を必要としない方に特に役立つでしょう。 もちろん、新機能も追加されています。

テーブルビュー :必要なすべてを簡単にアクセス

YouTrack Lite では、完全にカスタマイズ可能なテーブルビューで課題をリスト表示することができます。 列の順を管理し、表示するフィールドを選択できます。 課題のフィルターに使用するフィールドを選択するコントロールとテーブルに表示されるフィールドを選択するコントロールの 2 つが用意されています。 テキスト検索フィルターも装備されています。

より強力な検索機能が必要な場合は、クエリモードに切り替えると、YouTrack Classic で使い慣れたスマート検索機能付きの検索バーを表示できます。

保存済みの検索を使用したり、新しい検索を作成したりすることもできます。 新しい検索はクリック 1 つで保存でき、必要なときにいつでもアクセスできます。

課題の詳細を表示する際に、課題リストと課題ページを切り替える必要はありません。 課題をクリックすると、画面の右側にサイドバーとして簡易課題ビューが開きます。 その簡易ビューパネル内で課題の編集、コメント作成、または更新を行えるため、課題リストを表示したままにできます。

課題とコメント用の WYSIWYG テキストエディター

すべての要素はボタン式です! そのため、テキストを太字にしたり、チェックリストを挿入するためのタグを記憶しておく必要がなくなりました。 使い慣れた Markdown エディターに加え、YouTrack Lite には課題やコメントに使用できる新しい WYGIWYG エディタが備わっています。 このため、テーブルとチェックリストを追加してから、その内容の見栄えが良くなるようにテキスト書式を適用することができます。

既存のビジュアル機能についても忘れてはいません。リアクションパックも更新されているため、感情表現がさらに広がります。 チームメートに「ありがとう」や「了解」を伝える専用の絵文字が追加されています。

作業を維持するために役立つ最近の閲覧課題と記事の表示

最近閲覧した課題を探す必要があったり、ブラウザーのタブが YouTrack 関連でいっぱいになったりしたことはありませんか? 私たちにもそういうことがありました。そこで、ソリューションを追加しています。 最近閲覧した課題や記事を課題リストのタブとしてアクセスできるようにし、後でアクセスできるように固定できるようにしました。

いつでも行える YouTrack Lite と YouTrack Classic の切り替え

現在のタスクで複数の課題に同時に取り組む必要がある場合でも 、1 つの課題に集中して開発の問題やタイムトラッキングなどのすべての詳細を追跡する必要のある場合でも、ニーズに適したインターフェースを自由に選択できます。 必要なときに クリック 1 つで YouTrack Classic と Lite を切り替えることができます。 切り替えスイッチはプロフィール画像の下の Appearance(外観) メニューにあり、そのスイッチ付近にある疑問符をクリックすると、Classic と Lite のビューの比較を記載したポップアップが表示されます。 これと同じスイッチは、プロファイルの Workspace タブにもあります。

その他の更新

課題内で Space のコミットを表示

課題ライフサイクルのすべてのステップを 1 か所に維持する取り組みの一環として、VCS 統合をもう 1 つ追加しています。 コミットをフェッチして対応する課題に表示できるように、YouTrack と Space を統合できるようになりました。 いつものことながら、YouTrack は時間の節約に役立ちます。コミットメッセージのコマンドを使って課題を自動的に解決し、課題から直接コミットページに簡単に移動することができます。

さらに、ワークフローを使って日常業務を自動化することができます。 たとえば、コミットを受信したときに自動的に課題を QA リードに割り当てたり、レビューに送信したりすることができます。

ヘルプデスクユーザーの元のメールを表示

YouTrack におけるヘルプデスク対応の標準的なフローは、外部ユーザーがメールでリクエストを送信することを前提としています。 YouTrack はこういったメールをチケットに変換し、そのチケットに何らかの変更があった場合に、リクエストの送信者に通知を送信すると同時に、新しい返信をコメントとして最初のリクエストに添付します。 ただし、このワークフローでは、返信から重要な情報が欠落してしまうこともあります。 たとえば、返信の一部や添付がコメントに追加されないといったことです。 そこで、ヘルプデスクエンジニアは、外部リクエストに含まれていた重要な情報が紛失しないように、未加工バージョンのメールにアクセスできるようになりました。 チームがユーザーに最高のサポートエクスペリエンスを提供する上で障害となるものはなくなりました。

実験的機能: Confluence インポート

別の課題トラッカーから移行する場合、課題のみをインポートしたいわけではありません。ナレッジベースも重要なデータです。 そこで、Confluence のナレッジベースを YouTrack に移行できるようにしました。チームのすべての知識資産を円滑に移植することができます。

この機能は実験的機能としてリリースされているため、どのように機能しているか、ぜひフィードバックをお送りください。

このリリースに関する技術的な詳細は、リリースノートをご覧ください。 新機能の設定の詳細については、最新のドキュメントをご覧ください。 YouTrack InCloud をお使いの場合、インスタンスは弊社メンテナンスカレンダーに従って自動的に YouTrack 2020.6 にアップグレードされます。 有効な Standalone のサブスクリプションをお持ちの場合、今すぐ YouTrack 2020.6 をダウンロードできます。 まだラインセンスをお持ちでない方は、無料体験版を使って、購入前に新しいバージョンをお試しください。 YouTrack で利用可能なライセンスオプションに関する詳細は、購入ページをご覧ください。 フィードバックも大歓迎です!以下のコメント欄からお気軽にお知らせください。 また、ご質問がございましたら弊社サポートにお問い合わせください。いつでもお手伝いいたします!

YouTrack チーム一同より

Discover more